レディ

アトピーに優しい洗剤|お洒落を楽しめるアイテム

お肌を若返らせる

鏡を見る女性

幹細胞化粧品は、従来の化粧品とは違い真皮幹細胞と表皮幹細胞のふたつの皮膚幹細胞に働きかけ、お肌を循環し若返らせてくれる優れた化粧品です。究極のアンチエイジング化粧品とも言える幹細胞化粧品は、大きく3つの種類があり、それぞれが優れた働きをしてくれます。

読んでみよう

肌に優しいものを選ぶ

洗剤と洗濯機

合成克面活性剤

薬を塗ってもなかなか治らないアトピーは、洗濯用洗剤が原因かもしれません。洗濯用洗剤がアトピーの原因である場合、毎日肌に触れる服や下着に使用しているものなのでなかなか治りにくくなってしまっています。わきの下や太ももなどは直接下着や洋服が触れる事が少ないため、チェックしてみるとよいでしょう。アトピーの原因となるのは、石油を原料とした合成洗剤です。合成洗剤には、合成界面活性剤が使われているからです。合成克面活性剤は肌の細胞膜と脂質と混ざり合って肌のバリア機能を低下させてしまうのです。バリア機能が低下してしまうと、外からのアレルゲンなどを体内に入れてしまうため、アトピーになってしまうという特性があるのです。

純石鹸がおすすめ

無添加、肌に優しいと書いてある洗剤でもアトピーの人は成分を見ることが大切です。無添加や肌に優しくても界面活性剤や保存料、香料などが含まれている場合があります。これらの成分はアトピーに影響するものも個人差はありますが、少なからずあるため注意が必要なのです。肌に優しいものを選ぶなら、純石鹸のものを選ぶのがおすすめです。純石鹸には文字通り石鹸成分のみ含まれているため、肌に優しいのです。固形や粉末だけでなく、液体のものも販売されているのが特徴です。また、よりアトピー対策として効果を出すために、入浴後に保湿クリームを塗るのも大切です。アトピーは乾燥が悪化して発生することもあり、またお風呂上がりは最も乾燥しやすい肌の状態です。そのため、乾きが発生しないうちにクリームを塗って、徹底的に保湿を行いましょう。そうすることで、肌の状態を綺麗に保つことができます。

肌を整えるための成分

化粧品

ビタミンc誘導体入りの化粧品は、夏場だけに使用するものではなく、年間を通して使うことで効果を得ることができます。水溶性や油溶性など成分の種類がいくつかありますので、用途に合わせて商品を選ぶ必要があります。

読んでみよう

肌の水分を保つテクニック

顔

肌を美しく保つ重要な要素は、肌の水分を保つことです。保湿成分に優れた化粧水を使うことで、それを実現することができます。保湿化粧水の保湿力は常に一定ではありません。乾燥した環境においては化粧水から水分が逃げやすくなるので注意が必要です。

読んでみよう